『ワンパンマン』メタルナイトの強さ・能力とは?

ここでは、「ワンパンマン」のS級ヒーローのメタルナイトについて詳しくまとめてみました。

ネタバレが含まれますので注意してください。

「ワンパンマン」のメタルナイトって何者?

「ワンパンマン」には様々なヒーローが登場します。

ヒーロー協会に所属し、ヒーローとして活動している人間は、ランクによってある程度強さを測る事ができます。

作中最強の主人公サイタマがC級スタートであったり、一般人のキングがS級6位であったりと、ランクに不相応な実力の持ち主も例外的にはいますが、基本的な強さの目安にはなります。

メタルナイトは、S級6位のヒーローで、様々な兵器を用いて戦うロボットです。

正確には、遠隔操作で動いている為、ボフォイ博士が本体という事になります。

メタルナイトはヒーロー名であり、実際は製作者であり、操作しているボフォイ博士がS級ヒーローという扱いになりますが、人前に姿を見せず、ヒーロー協会へ行くのもナイトを向かわせる為、ボフォイ博士自身は謎に包まれています。

凄まじい技術力を持つ科学者で、ヒーロー協会の建設を手掛け、「対災害怪人総合防衛システム」を設計した人物であり、ヒーロー協会に対しては非協力的ではあるが、要請に応じる事もある為、貢献度は比較的高めで評価も高いです。

しかし、個人として持つ武力をはるかに超えている為、ヒーロー協会から危険視されており、監視レベルの引き上げが必要と判断されています。

 

メタルナイトの強さ、能力とは?

「ワンパンマン」のメタルナイトはS級6位ということですが、強さ的には兵器を使った攻撃ということで、S級5位の童帝やS級9位の駆動騎士、S級17位の鬼サイボーグのジェノスあたりと同程度かそれ以上と判断できますが、他の3人と決定的に違う所は、遠隔操作のロボットであり、最悪負けて大破してしまっても全く本人は困らないという所です。

他の3人も兵器の部分は、同様に壊れたら修理すれば良いだけですが、本体がやられてしまうリスクは常にあります。

しかし、メタルナイトは本体が遠く離れていてどこにいるかも分からない状態で、いくらでも量産可能だとすれば、無敵といっても過言では無いでしょう。

しかもメタルナイト単体で災害レベル鬼の怪人を楽に相手にできるほどの強さを持っているという事で、実力は、攻撃面でも防御面でも最高クラスと言えるでしょう。

また、ボフォイ博士の凄い所は戦闘面だけではなく、街の復興にも大きく貢献している所でしょう。

ヒーロー協会の建設に携わった実績から、A市の復興も依頼され、元来数十年かけて復興していくはずだった所を工事用ロボットを使い、僅か7日で街ごと作り直してみせます。

しかし、ヒーロー協会にも工事用ロボットの存在を知らせてなかった為、巨大兵器と勘違いし、S級ヒーローのタンクトップマスターが迎撃に出るという事態に発展してしまい、現場を混乱させる事になってしまいます。

しかも本体から出てくる小型ロボットですらタンクトップマスターでないと破壊できないほどの強度を持ち、ボフォイ博士のロボットの強さを改めて実感させる事になります。

戦闘用でない工事用のロボットですらS級ヒーローでないと太刀打ちできないということは、戦闘用のロボットはS級上位の実力を持っているという事になり、メタルナイトは相当危険な存在であると言えます。

 

メタルナイトとジェノスとの関係は?

主人公サイタマの弟子であるS級17位のヒーロー、ジェノスは15歳の時に暴走サイボーグに襲われ、自分の住んでいた街、家族を奪われた過去を持っています。

ジェノス自身も瀕死の重傷を負って、クセーノ博士に出会い、仇を討つためにサイボーグ化を懇願しますが、未だに暴走サイボーグを見つける事はできていません。

メタルナイトについては暴走サイボーグ疑惑があります。

駆動騎士がジェノスへ「メタルナイトはお前の敵だ」と忠告した事があり、その真相は未だに謎のままです。

メタルナイトが暴走サイボーグである可能性は否定できませんが、駆動騎士のミスリードである可能性もありますので、今後の関係性に注目です。

 

メタルナイトのアニメ2期での活躍、見どころは?

「ワンパンマン」は、主人公が圧倒的な力で怪人をワンパンで倒していく物語ですが、アニメ2期では主人公以外のキャラクターの戦闘の方が多く、様々なヒーロー、怪人の戦闘が見られます。

しかし、メタルナイトについては特に目立った戦闘、活躍、見どころはアニメ2期にはありません。

番外編で多少出てくる程度の出番しかない為、今後の活躍に期待したいところです。

 

謎の多いメタルナイトですが、今後明かされる謎や情報に注目しながら、まずは「ワンパンマン」のアニメ2期を、期待して待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました